洋野ヒストリア デジタルアーカイブ|Hirono Digital Archives

茅葺屋根民家

最初 前 次 最後
茅葺屋根民家
カヤブキヤネミンカ
茅葺屋根民家
時代 昭和36年頃
解説 水沢地区、茅葺屋根の民家。
「クズヤ」とも称される、茅葺き屋根は、冬暖かく夏涼しい、気候に寄り添う屋根であり、使用後も自然に帰る、究極の循環建築である。耐用年数は30~50年で、傷んだ部分に新しい茅(カヤ)を入れて補強することで使い続けられる。囲炉裏で燃やした煙のススが屋根裏について、柱や縄が腐るのを防ぎ、雨が漏らないよう強いやなとなる。
材料の茅は、川原や山の茅場から集め使用。
縄文時代から受け継がれる伝統技術の一つに「芝棟(くね)」というものがあり、芝棟とは、屋根の棟を野芝で覆うことで、棟をおさえて雨が漏れるのを防ぎ、芝持ちを高める効果がある。草花だけでなく樹木が生えているものも多い。
農耕や運搬に牛馬の助を借りていた洋野町地域では、馬も家族のように大切にしており、いつでも面倒を見られるように、馬屋と主屋が一体となった、内馬屋形式の民家が多く見られる。中でも、I字型をした民家を直家(すごや)、L字型の民家を曲家(まがりや)と呼ぶ。
岩手県の中でも、県中南部の遠野地方などでもよく見られる、L字型をした内馬屋をもつ民家である曲家(まがりや)民家は、県北部でも多く存在したと言われている。洋野町(旧大野)でも、半数近くは曲家だったという声も聞かれるが、現在では、水沢地区のこの1棟のみとなっており、とても貴重な資産である。
L字の曲がった部分が馬屋となっており、家としては、折れ曲がることで人と牛馬の絶妙な距離感が保たれている。
この建物の特徴は、柱の根元が礎石を置かずに地面に直接ついている「堀立柱(ほったてばしら)」である。安全性を確保をするため、上部に比べて下部は太いまま削れれている。
サイズ
地域 生平・水沢・上水沢
資料ID 007OS00089